うつ病と睡眠障害の治療

うつ病と睡眠障害の治療※薬なしで私が完治した治し方

うつ病の治療から完治まで

うつ病の治療をはじめたのは、発症から6ヶ月もあとのこと。
最初は自分が「うつ病」だと分からなかったのです。

 

不眠、食欲不振、体のだるさ。。。。
疲れが原因さとおもってました。

 

最初の対応や、その後の薬とのつきあい方を
もう少しうまくやっていれば、一年半くらいで治ったかもしれません。

 

はじめての鬱で、どう対処していいのか分からなかったのです。
なので二度目の軽症うつの時は、半年で完治しました。

 

自分なりのうつ病対策がわかっていたのですね。

 

同じような悩みをおもちの方に、少しでも参考になれば思い
私に改善効果があった内容を書きとめます。

 

 

 

 

 

薬あり、薬なしの治療法

私は重度うつ病だったので、最初の一年半は抗鬱剤を服用しました。
とにかくうつ状態を改善する必要があるので、最初は薬が必要だと個人的に思います。

 

ただ、あるていど症状がおさまったら、
薬を減らしていきました。

 

あまりに大量の薬なので、このまま服用していったら
依存したり、クスリ漬けになる気がしたからです。

 

その後、薬なしの療法に切り替えましたが、
最初は薬と薬なし治療法の併用でいいと思います。

 

いきなり「薬なし」もキツイと自分の体験で感じたからです。

 

うつ病の不眠症を薬なしで治療、克服したい!

 

もちろん、本来なら「薬なし」がいいに決まってます。
でも最初は割り切って、ある程度の回復までは、
薬のチカラをかりてもいいておもってます。

 

 

私の効果があった治療法

心療内科のカウンセリング5つのクリニックで受けました。。。。

 

自分にあった内容の先生を見つけたかったからです。

 

5つめのクリニックの先生に療法が一番、なっとくできたの
その方法で治療を始めました。

 

あまり、言いたくありませんが、
どうしようもないアドバイスをする方もいいらっしゃいました。

 

かえってうつ病が悪化させるような、高飛車ないいかたで、
「精神的に弱い」「世間知らず」など信じられないことを言う医師がいたのも事実です。

 

そんなクリニックは絶対にやめましょう。
一部ではありますが、残念な事実です。

 

自分にあった先生と治療方法に出会うことが、
いちばん大切だとカンジました。

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ